日本語
日本語
しまなみ海道横断 しまなみ海道横断

しまなみ海道横断

しまなみ海道横断

【87.7km】愛媛県今治市〜広島県尾道市 横断

Challenging

Route Introduction

しまなみ海道横断について

日本全国はもちろん世界中から大勢の観光客、サイクリストが訪れる日本一のサイクリングロード・しまなみ海道。

瀬戸内海の6つの島々を7つの巨大な橋でつないだこのコースは、完走を目的に最短距離で走れば約70km。しかし途中の島々には見どころがたくさんあるため、それぞれの島の外周を楽しむなどしていると、軽く100kmを超えるコースに変貌します。

また距離だけでなく、アップダウンも激しいのがこのコースの特徴。7つの橋の路面の高さはだいたい海抜40m前後。つまり橋を渡るたびに急勾配の登り降りを繰り返します。特にスタート直後に通る来島海峡大橋の路面は海抜約65mの高さにあるため、いきなりの急勾配に面食らう人も多いでしょう。

日本一のサイクリングロードだけあって、アクセスや設備面は抜群。とりあえず今治側にある「サンライズ糸山」を拠点としてスタートすれば間違いありません。

TOTAL 87.7 km

Highlights

このルートの見どころ

Just For Fun
【スタート地点】来島海峡大橋

【スタート地点】来島海峡大橋

今治と大島をつなぐ全長4kmの来島海峡大橋は、しまなみ海道の橋のなかでも最長。世界初の三連吊橋として9年もの月日をかけて建てられました。遠くに見える瀬戸内の多島美に向かって橋の上をまっすぐ走れば、ここからはじまる旅への期待に胸が踊ります。

Challenging
【12.0km地点】亀老山展望台

【12.0km地点】亀老山展望台

今治から来島海峡大橋を渡ってすぐ目の前に立つ標高307.8mの亀老山。山頂には世界的な建築家・隈研吾氏設計による展望台があり、360度のパノラマで瀬戸内海の景色を楽しめます。南には今治市街、南東には天気がよければ石鎚連峰、北西には季節や時間帯によってさまざまな美しさを見せてくれる来島海峡と来島海峡大橋が望めます。夕方から日没までの空や海の色が刻々と変化する時間帯はまさにマジックアワーです。

Now you know, so let’s go

ルートの周辺スポットを巡ろう

START

0 km NOW

SPOT 1

サンライズ糸山

サンライズ糸山

世界でも屈指の美しさを誇るサイクリングロード、しまなみ海道を四国から走り始めたい、また本州側からしまなみ海道を渡ってきた人にとっても必ず通過点となるであろうスポット。レンタルサイクルやしまなみ海道の案内はもちろんのこと、併設されている宿泊施設では全室から来島海峡大橋を眺めることができる。

住所
〒794-0001 今治市砂場町2-8-1
電話番号
0898-41-3196
営業時間
08:00-21:30 / 年中無休

SPOT 2

来島海峡大橋

来島海峡大橋

今治と大島をつなぐ全長4kmの来島海峡大橋は、しまなみ海道の橋のなかでも最長。世界初の三連吊橋として9年もの月日をかけて建てられた。遠くに見える瀬戸内の多島美に向かって橋の上をまっすぐ走れば、ここからはじまる旅への期待に胸が踊る。

住所
今治市小浦町
電話番号
078-291-1033

SPOT 3

馬島

馬島

来島海峡大橋の圧倒的なスケールを直に感じるには、真下から見上げるスタイルがおすすめ。それを堪能できるのが、来島海峡大橋の上から自転車ごとエスカレーターで降りることのできる馬島。ここはその勢いが有名な来島海峡の渦潮を間近で見られたり、潮が干いたときにだけ現れる洞窟があったりと、探検心をくすぐる要素満点。

住所
今治市馬島

SPOT 4

道の駅 よしうみいきいき館

道の駅 よしうみいきいき館

今治から来島海峡大橋で大島に渡ってすぐの場所にある道の駅。ここはなんといっても自分で選んだ鮮魚を七輪で焼いて食べる海鮮バーベキューが大人気。ヒラメ、鯛、鱈、穴子、タコ、サザエ、アワビ等々、瀬戸内海の恵みを堪能しよう。また来島海峡の急な潮流を間近に体験できる遊覧船も目玉のひとつ。

住所
〒794-2114 今治市吉海町名4520-2
電話番号
0897-84-3710
営業時間
09:00-17:00 / バーベキュー10:00-16:00 / 年中無休

SPOT 5

亀老山展望台

亀老山展望台

瀬戸内きっての景勝地・亀老山展望台からは、空と海と山が織りなす一枚の絵のような美しい景色を見ることができる。いっぽうで巨大な来島海峡大橋、海を行く船、今治の市街地など、人がつくりあげた造形の美しさとの対比も見もの。季節、時間、天気によって移ろうこの景色は何度でも訪れたい。

住所
〒794-2114 今治市吉海町南浦487-4
電話番号
0897-84-2111
営業時間
年中無休

SPOT 6

よしうみバラ公園

よしうみバラ公園

世界各地のバラ400種がいろどり豊かに咲き誇るバラ園。なかにはフランスのバラ園から、しまなみ海道の開通を記念して贈られた品種も見つけられる。併設のレストランでは「鯛カツ」といったご当地名物から、ハーブを使った料理、ハーブティーにバラのアイスと気分の華やぐようなラインナップが。

住所
〒794-2103 今治市吉海町福田1292
電話番号
0897-84-2111
営業時間
年中無休

SPOT 7

村上水軍博物館

村上水軍博物館

数百年前、瀬戸内に散らばる1,000を超える島々を支配し続けた海の大名「村上水軍(海賊)」に関する資料や出土品を集めた博物館。どれだけの船や資金力を持っていたのかすらも謎に包まれている村上水軍だが、貴重な文献を自由に閲覧できるコーナーもあり、歴史好きには興奮が止まないところだろう。

住所
〒794-2203 今治市宮窪町宮窪1285
電話番号
0897-74-1065
営業時間
09:00-17:00 / 定休日:月曜

SPOT 8

カレイ山展望公園

カレイ山展望公園

大島の北東に位置する展望台。島の南西にある亀老山展望台では、瀬戸内の島々を遠くから眺められるのに対して、カレイ山展望台は周りの島との距離が近く、山々の雄々しさや緑の豊かさを楽しめるのが特徴。「遠見茶屋」というカフェでは、1日25食限定のタコの入ったカレーが人気。

住所
〒794-2292 今治市宮窪町宮窪6363-2
電話番号
0897-86-2500
営業時間
年中無休

SPOT 9

道の駅 伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた

道の駅 伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた

その名のとおり、サイクリストたちにとってまさにオアシスのような拠点が「道の駅伯方S・Cパーク」。レストランやフードコート、特産品販売所から、旅の汗を流してリフレッシュできるシャワーまで完備されているスポット。特産品販売所ではご当地グルメはもちろん、伯方の塩を使ったパン、クッキー、羊羹などの加工品が勢揃い! なかでも大人気の「伯方の塩ソフトクリーム」は訪れたら必ず食べたい一品。

住所
〒794-2302 今治市伯方町叶浦甲1668-1
電話番号
0897-72-3300
営業時間
09:00-17:00 / レストラン 10:00-15:00 / 年中無休

SPOT 10

道の駅 多々羅しまなみ公園

道の駅 多々羅しまなみ公園

「道の駅 多々羅しまなみ公園」は、大三島と生口島をつなぐ多々羅大橋の麓(大三島側)にあり、しまなみ海道の名所のひとつである多々羅大橋の絶好のビューポイントです。食事も驚きの充実ぶりで、レストランでは幻の高級魚「マハタ」の握り寿司のほか、新鮮な魚介をつかった兜煮や刺身丼も。フードコートでは潮の香りがぎゅっと詰まったたこ天やじゃこ天も食べられる。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口9180-2
電話番号
0897-87-3866
営業時間
09:00-17:00 / 年中無休

SPOT 11

多々羅キャンプ場

多々羅キャンプ場

多々羅大橋の麓に広がるキャンプ場。海沿いのテントスペースのほか、オートキャンプにコテージと、それぞれのスタイルに合ったキャンプを楽しむことができます。炊事場、温泉なども完備で、快適に過ごせること間違いなし。夜はライトアップされた多々羅大橋を見上げながら旅の疲れを癒そう。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口7523
電話番号
0897-87-3855
営業時間
年中無休

SPOT 12

村上三島記念館 (上浦歴史民族資料館)

村上三島記念館 (上浦歴史民族資料館)

大三島出身の「現代書道の巨匠」村上三島の作品を中心に、さまざまな書道家の作品を展示している書道美術館。所蔵作品数は約4,000。村上の硯や筆などの道具のほか、本物のアトリエを移設展示するなど、制作の背景を体感することができる。館内の展望通路からは多々羅大橋と瀬戸内海をのぞむことができ、ゆったりとしたひとときを過ごせる。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口75053
電話番号
0897-87-4288
営業時間
09:00-17:00 / 定休日:月曜

SPOT 13

大三島 大山祇神社

大三島 大山祇神社

約2,600年前に創建されたといわれる大山祇神社は、全国に1万以上の分社を持つ山祇神社の総本社。「山と海と戦いの神」が祀られており、源義経や頼朝をはじめとする数多くの武将たちが戦勝祈願として武具甲冑を奉納してきた。日本の重要文化財として指定されている武具のうち、8割はこの神社にあるとのこと。神社とともに時を刻んだ樹齢2,600年の大楠の木の存在感も圧巻。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦3327
電話番号
0897-82-0032
営業時間
08:30-17:00 / 年中無休

SPOT 14

今治市大三島美術館

今治市大三島美術館

1986年にオープンした大三島美術館は、現代に活動する日本画家の作品を収集、展示する美術館。主に1940年以降に生まれた作家の企画展を年4、5回開催しています。和紙で覆われた館内の壁面にも注目。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦9099-1
電話番号
0897-82-1234
営業時間
09:00-17:00 / 定休日:月曜

SPOT 15

海洋温泉施設 マーレ・グラッシア大三島

海洋温泉施設 マーレ・グラッシア大三島

ミネラル成分たっぷりの海洋温浴(タラソテラピー)を楽しめる複合型リラクゼーション施設。瀬戸内海をのぞむ露天風呂で心身ともに癒した後にいただく地元の魚や野菜を使った料理はまさに至福。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦5902
電話番号
0897-82-0100
営業時間
10:00-20:00 / 定休日:水曜

SPOT 16

レモン谷

レモン谷

日本一のレモン生産量を誇る広島県のなかで、さらに一番多くレモンを生産しているのが生口島。そんなレモン畑が広がる生口島では、5月になればレモンの花を、10〜12月には若々しく香り豊かなグリーンのレモンを、12月から春にかけては色鮮やかに熟したイエローのレモンの景色を楽しむことができる。

住所
〒722-2404 広島県尾道市瀬戸田町垂水
電話番号
0845-27-0051

SPOT 17

瀬戸田サンセットビーチ

瀬戸田サンセットビーチ

800m続く白い砂浜と美しい夕陽が瀬戸田サンセットビーチのポイント。澄み切った海でシーカヤックやSUPをのんびり楽しめるほか、浅瀬に設置された海上遊具もあるので、子連れでも楽しむことができる。キャンプ場も完備しており、何日でもいたくなる極楽のひとときを過ごせるはず。

住所
〒722-2404 広島県尾道市瀬戸田町垂水1506-15
電話番号
0845-27-1100
営業時間
開設期間:7月-8月

SPOT 18

玉木商店

玉木商店

「しおまち商店街」の一角で57年続くローストチキン専門店。このお店でしか食べられないローストチキンの味の秘訣は、世代を超えて受け継がれる秘伝の醤油ダレ。肉汁たっぷりで風味豊かなローストチキンはサイクリスト立ち寄り必須のスポット。

住所
〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田511
電話番号
0845-27-0239
営業時間
09:00-18:00 / 定休日:火曜

SPOT 19

岡哲商店

岡哲商店

この肉屋の目玉は、95回もテレビに取り上げられたというビーフコロッケ。塩胡椒を効かせたほくほくのじゃがいもにひき肉の甘みが絶妙にブレンドされたこのコロッケを求めて連日行列が絶えないという。素朴で温かみ溢れるおかみさんと、心地よく感じるローカルな空気のなかで腹ごしらえを。

住所
〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田517
電話番号
0845-27-0568
営業時間
08:30-18:30(売り切れ次第の終了) / 不定休

SPOT 20

耕三寺博物館

耕三寺博物館

「博物館」と名付けられているが、耕三寺はれっきとした寺院。大阪の元実業家・耕三寺耕三が母への感謝を込めて建立した寺院で、仏教美術、近代美術、茶道具など、耕三寺家の美術コレクションを随時公開している。広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石の庭園「未来心の丘」も必見。

住所
〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
電話番号
0845-27-0800
営業時間
09:00-17:00 / 年中無休

SPOT 21

因島水軍城

因島水軍城

数百年前、この地域を制した村上海賊(水軍)の資料館。実際の城をイメージして小高い丘の上につくられており、本丸・二の丸・隅櫓など、本格的な城の構造になっている。古文書、甲冑、刀剣、戦術を記した巻物など、展示から感じられる歴史の重厚感、見晴らしの良い景色の爽快感、どちらも楽しめるスポットになっている。

住所
〒722-2211 広島県尾道市因島中庄町3228-2
電話番号
0845-24-0936
営業時間
09:30-17:00 / 定休日:木曜(祝日を除く)、12月29日から翌年1月1日まで

SPOT 22

白滝山

白滝山

因島を代表するビュースポット。山門から頂上にかけては、五百漢羅と呼ばれる700体のさまざまな姿勢や表情をした石仏たちが並ぶ。春は桜、秋は紅葉、また夕暮れ時に黄金色に輝く海など、瀬戸内が魅せる自然美に溶け込む石仏たちの風景は唯一無二。

住所
〒722-2102 広島県尾道市因島重井町
電話番号
0845-26-6212

GOAL

ONOMICHI U2

ONOMICHI U2

元・海運倉庫をリノベーションしたサイクリストフレンドリーな複合施設。ベーカリー、カフェ、ライフスタイルショップ、レストラン&バー、ホテル、そしてサイクルショップと、サイクリストにとっては天国のような場所。自転車を持ったままチェックインができるホテル「HOTEL CYCLE」はサイクリストなら一度は体験してみたい。JR尾道駅から徒歩5分とアクセス抜群で、旅の幕開け、終着点、どちらにも重宝する。

住所
〒722-0037 広島県尾道市西御所町5-11
電話番号
0848-21-0550
営業時間
年中無休
GOAL km

Kickoff point for this route

このルートへのアクセス方法

Start Point

サンライズ糸山

  • Just For Fun
    • 車の場合
      【本州方面から】しまなみ海道「今治北IC」から約5分
      【四国方面から】「湯ノ浦IC」から約30分 ※高速道路はご利用にならないでください。
    • バスの場合
      JR波止浜駅から送迎バスあり ※レンタサイクル・宿泊ご利用のお客様のみ、完全予約制

End Point

ONOMICHI U2

  • Just For Fun
    • 電車の場合
      【山陽本線】JR尾道駅より徒歩5分
      【山陽新幹線】JR新尾道駅よりタクシーで15分
    • 車の場合
      【東京・大阪方面から】山陽自動車道 福山西IC下車→尾道バイパス経由 約20分
      【九州・広島方面から】山陽自動車道 尾道IC下車→国道184号経由 約20分
      【四国方面から】瀬戸内しまなみ海道 西瀬戸尾道IC下車→尾道バイパス経由 約15分
      【山陰方面から】尾道自動車道(中国横断自動車道 尾道松江線) 尾道IC下車→国道184号経由 約20分

Articles to help with your cycling

このルートにおすすめの記事

Just For Fun
はじめてのしまなみ海道サイクリング。E-BIKEでレアな絶景を楽しむ はじめてのしまなみ海道サイクリング。E-BIKEでレアな絶景を楽しむ

教えていただくのは、しまなみ海道でも有数の観光地「大三島」を拠点にサイクリストを応援する総合施設を運営するWAKKA代表取締役の村上あらしさん。しまなみ海道にはじめてチャレンジしてみたい方、はじめてスポーツタイプの自転車に挑戦する方、必読のインタビューです。

Fun & Fitness
サイクリストにおすすめの愛媛グルメは?スポーツ栄養士の第一人者に聞く サイクリストにおすすめの愛媛グルメは?スポーツ栄養士の第一人者に聞く

はたして、サイクリストはどのような栄養を摂るべきなのか? そんな疑問をぶつけたところ、神奈川県立保健福祉大学教授の鈴木志保子さんは「栄養を誤解している!」とバッサリ。いったいどういうことなのでしょうか?

Challenging
プロライダー門田選手と西山選手に聞く、愛媛おすすめサイクリングポイント プロライダー門田選手と西山選手に聞く、愛媛おすすめサイクリングポイント

愛媛県に詳しいプロMTBライダー・門田基志選手と、門田さんとともにレースを走る若手のホープ・西山靖晃選手に、愛媛県のなかで「一番気持ちよく走れる道」「一番登りがいのある坂道」「一番走りがいのあるオフロード」を教えてもらいました。

Cycling Infomation

愛媛県はサイクリングに役立つ情報が充実!

私たちは、このサイトのCookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。 詳細については、Cookieポリシーをご覧ください。

同意する