日本語
日本語
宇和島・四万十だんだん街道(三間〜十和ルート) 宇和島・四万十だんだん街道(三間〜十和ルート)

宇和島・四万十だんだん街道

宇和島・四万十
だんだん街道

【38.1km】宇和島山間部〜四万十川源流沿いを走る

Just For Fun Fun & Fitness

Route Introduction

宇和島・四万十だんだん街道(三間〜十和ルート)とは?

宇和島北部の山間から東に向かってスタートし、中盤以降は四万十川の源流に沿って走る「宇和島・四万十だんだん街道」。このコースには2つのルートがありますが、こちらは初心者向けの38.1kmのルート。雄大な自然と美しい里山の風景を楽しむことができます。
スタート地点の「道の駅みま」は、JR予土線務田駅から750m。前半はうっそうとした木々の香りを感じながら山道を登り、中盤は四万十川と並走しながら緩やかな下り道を走ります。なんといっても四万十川源流の透明感が印象的で、暑い季節には川でリフレッシュするのも気持ち良いですが、流れが急なところもあるので要注意。
地図で見ると山奥のコースということもあり、難易度が高そうに見えますが、サイクルトレインが試験運行中のJR予土線が併走しているため、途中で何かあってもすぐに列車に切り替えることが可能。JR松丸駅構内には温泉などもあり、初心者も楽しめるコースとなっています。

TOTAL 38.1 km

Highlights

このルートの見どころ

Just For Fun
【15km地点】森の国ぽっぽ温泉

【15km地点】森の国ぽっぽ温泉

JR松丸駅舎の2階にある露天付き天然温泉。木目調の「明治の湯」と、滑床渓谷をモチーフにした岩風呂調の「滑床の湯」、いずれかで身体を癒すことができます。無料で入れる足湯もあるので、旅のちょっとしたおくつろぎにもおすすめ。

Fun & Fitness
【35.6km地点】半家沈下橋

【35.6km地点】半家沈下橋

四万十川には数々の沈下橋があり、人気の観光スポットとなっているが、上流にある「半家沈下橋」は、比較的人が少ないため、ゆっくりと過ごせるレアスポットとなっています。橋の上に腰を下ろせば、静けさのなかで瀬音や水しぶきを楽しむことができ、爽快な気持ちになれるでしょう。

Now you know, so let’s go

ルートの周辺スポットを巡ろう

START

0 km NOW

SPOT 1

道の駅 みま

道の駅 みま

食べる人のために、地元で丁寧に育てられた新鮮野菜とみま米が揃っている「道のえき みま」。併設されているバイキング「畦みちの花」では、地元のお母さん方の一手間が施された食材たちを楽しむことも出来ます。お弁当の用意もあるので、のんびり旅を進めたい人にも、少しでも早く駆け始めたい人にも嬉しいスポット。

住所
〒798-1114 宇和島市三間町務田180-1
電話番号
0895-58-1122
営業時間
物産館:09:00-18:00 / バイキング:11:00-14:00 / 年中無休

SPOT 2

「末廣」のうな重

「末廣」のうな重

四万十川の支流、広見川で獲れた天然鰻を唯一食べられる「末廣」。天然鰻は養殖と比較すると、身が締まっておりジューシーなのが特徴。臭みも少ないため、鰻が苦手な方や海外の方にもチャレンジしてみてほしい。また旅館としても65年以上の歴史を誇る場所なので、旅の安らぎにもうってつけ。

住所
〒798-2101 北宇和郡松野町大字松丸488
電話番号
0895-42-0156
営業時間
11:30-14:00 / 18:00-19:30(鰻は4月1日~9月30日頃期間限定、天候により入荷しない場合もあります)/ 末廣旅館は年中無休

SPOT 3

道の駅 虹の森公園まつの

道の駅 虹の森公園まつの

買う・食べるにとどまらない多彩な体験ができる珍しい道の駅。四万十川の淡水魚と一緒にペンギンやカワウソが飼育されている水族館や、トマトのもぎとり体験が楽しめる。山の息吹が心地よい道の駅で、癒しのひとときを過ごそう。

住所
〒798-2102 北宇和郡松野町延野々1510-1
電話番号
0895-20-5006
営業時間
10:00-17:00 / 市場:07:00- / 定休日:水曜

SPOT 4

森の国ガラス工房風音(かざね)

森の国ガラス工房風音(かざね)

さまざまなガラス製品を集めたショップから、ガラス皿やコップに好きなデザインを絵つけできるサンドブラスト体験、コップや一輪挿しが作れる吹きガラス体験(要予約)まで、見るもつくるも楽しめる工房。リサイクルグラスを使った職人たちの手によるガラス工芸制作が日々行われており、見学もできる。

住所
〒798-2102 北宇和郡松野町延野々1510-1 (道の駅 虹の森公園まつの内)
電話番号
0895-20-5006 (吹きガラス予約専用:080-2976-0008)
営業時間
10:00-17:00 / 定休日:水曜、1月1日

SPOT 5

森の国ぽっぽ温泉

森の国ぽっぽ温泉

JR松丸駅舎の2階にある露天つき天然温泉。木目調の「明治の湯」と、滑床渓谷をモチーフにした岩風呂調の「滑床の湯」、いずれかで身体を癒すことができる。無料で入れる足湯もあるので、旅のちょっとしたおくつろぎにもおすすめ。

住所
〒798-2101 北宇和郡松野町大字松丸1661-13
電話番号
0895-20-5526
営業時間
10:00-22:00 / 定休日:毎第2月曜・8月のみ第1月曜

SPOT 6

河後森城跡

河後森城跡

四万十川の支流である広見川を含む3本の川に囲まれた独立丘陵上に、16世紀から17世紀はじめ頃を中心に機能した愛媛県内最大級で予土国境最前線の山城があった。自然の地形を最大限に活用してでき上がった中世の土づくりの城を見れば、当時の生活への興味が湧いてくることだろう。

住所
〒798-2101 / 〒798-2104 北宇和郡松野町松丸地区 / 富岡地区

SPOT 7

【寄り道スポット】西予市立美術館・ギャラリー しろかわ

【寄り道スポット】西予市立美術館・ギャラリー しろかわ

森の中の小さな美術館「ギャラリーしろかわ」では、日本画、洋画、彫像、陶磁器、ガラスなど幅広いジャンルの作品を展示。なかでも「絵はいつでも誰でもなんにでも描ける」を原点に始まった全国「かまぼこ板の絵」展示会には、毎年約1万点の作品が寄せられ、小さな板から生まれる多彩な表現を楽しめる。

住所
〒797-1717 西予市城川町下相680
電話番号
0894-82-1001
営業時間
09:00~17:00 / 定休日:火曜(祝日の場合はその翌日) / 12月29日~1月3日休業

SPOT 8

半家沈下橋

半家沈下橋

四万十川には数々の沈下橋があり、人気の観光スポットとなっていますが、上流にある「半家沈下橋」は、比較的人が少なくゆっくりと過ごせる。橋の上に腰を下ろせば、静けさのなかで瀬音や水しぶきを楽しむことができ、爽快な気持ちになれるだろう。

住所
〒787-1606 高知県四万十市西土佐半家
電話番号
0880-35-4171(四万十市 観光協会)

SPOT 9

しまんトロッコ(予土線3兄弟)

しまんトロッコ(予土線3兄弟)

四万十川沿いの雄大な緑に映える、山吹色のトロッコ。貨車をリメイクしてつくられた車両は、無骨ななかにも温かみを感じる。窓のないしまんトロッコの車内から、山川の心地よい香りと風をたっぷり浴び、いまも昔も変わらない四万十川の魅力を再発見しよう。

住所
運行区間:宇和島駅 〜 窪川駅

SPOT 10

海洋堂ホビートレイン「かっぱうようよ号」 (予土線3兄弟)

海洋堂ホビートレイン「かっぱうようよ号」 (予土線3兄弟)

エキセントリックなデザインが目を引くこの観光列車は、世界屈指のフィギュアメーカー・海洋堂の博物館が地元にオープンした、2011年に運行開始。2019年現在、運行している三代目車両のテーマは「かっぱの世界」。外観のペイントは、四万十川を悠々と泳ぐかっぱをイメージ。車内には海洋堂渾身のかっぱフィギュアが展示されており、つくり込まれた世界観は見ものだ。

住所
運行区間:宇和島駅 〜 窪川駅

SPOT 11

鉄道ホビートレイン (予土線3兄弟)

鉄道ホビートレイン (予土線3兄弟)

日本初の新幹線「0系」をイメージしてつくられた観光列車。「日本一遅い新幹線」という愛称で親しまれている。車内には0系に搭載されていたシートが使われているほか、歴代の新幹線の模型や、蒸気機関車から現在に至るまでの鉄道の歩みをテーマにしたショーケースが見られる。

住所
運行区間:宇和島駅 〜 窪川駅

SPOT 12

【寄り道スポット】クアテルメ宝泉坊

【寄り道スポット】クアテルメ宝泉坊

バルネオセラピーと呼ばれる温泉治療が体験できる健康保養施設。プールには、ウォーキングレーンやジェット水流、屋外バブルバスなど14のアトラクションが連なる。屋外のバブルバスでは、奥伊予の豊かな自然に抱かながら入浴も。サイクリングで疲れた体をリセットしよう。食事処では、城川特産のベーコンを使った丼が大人気。

住所
〒797-1705 西予市城川町高野子46
電話番号
0894-83-0200
営業時間
10:00-21:00 / 定休日:火曜

GOAL

道の駅 四万十とおわ

道の駅 四万十とおわ

国道381号線沿いにある「道の駅 四万十とおわ」はすぐ脇に四万十川を望める休憩所。特産品やお土産が購入できるショップのほか、川に面した風情あふれるお食事処も。テラス席もあり、ソフトクリームなど手に持てるものであれば川沿いで食べることもできる。

住所
〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9
電話番号
0880-28-5421
営業時間
08:30-17:00 / 年中無休
GOAL km

Kickoff point for this route

このルートへの行き方

Start Point

道の駅 みま

  • Just For Fun
    • 車の場合
      松山ICから約70分
    • 電車の場合
      JR松山駅からJR宇和島駅まで約70分、宇和島駅で予土線に乗換。JR務田駅下車徒歩約10分
    • バスの場合
      松山空港から直行便で約100分

End Point

道の駅 四万十とおわ

  • Just For Fun
    • 電車の場合
      JR十川駅から自転車で約11分

    ※土日祝日は予土線サイクルトレインが運行しているため、自転車のまま乗車可能(2020年2月29日まで、運行日要確認)

Articles to help with your cycling

このルートにおすすめの記事

Just For Fun
松山・道後温泉旅をもっと楽しく。知っておくべき自転車のキホン 松山・道後温泉旅をもっと楽しく。知っておくべき自転車のキホン

愛媛県の中心地・松山市は、3000年の歴史があるといわれる道後温泉のほか、松山城やグルメも楽しめる人気の観光地。松山市の中心部はバスや路面電車が走っており、多くの観光客が利用しています。しかしその旅に「自転車」を取り入れれば、楽しみはさらに深まることに。

Just For Fun
はじめてのしまなみ海道サイクリング。E-BIKEでレアな絶景を楽しむ はじめてのしまなみ海道サイクリング。E-BIKEでレアな絶景を楽しむ

教えていただくのは、しまなみ海道でも有数の観光地「大三島」を拠点にサイクリストを応援する総合施設を運営するWAKKA代表取締役の村上あらしさん。しまなみ海道にはじめてチャレンジしてみたい方、はじめてスポーツタイプの自転車に挑戦する方、必読のインタビューです。

Fun & Fitness
サイクリストにおすすめの愛媛グルメは?スポーツ栄養士の第一人者に聞く サイクリストにおすすめの愛媛グルメは?スポーツ栄養士の第一人者に聞く

はたして、サイクリストはどのような栄養を摂るべきなのか? そんな疑問をぶつけたところ、神奈川県立保健福祉大学教授の鈴木志保子さんは「栄養を誤解している!」とバッサリ。いったいどういうことなのでしょうか?

Cycling Infomation

愛媛県はサイクリングに役立つ情報が充実!

私たちは、このサイトのCookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。 詳細については、Cookieポリシーをご覧ください。

同意する