日本語
日本語
しまなみ海道 – 大三島一周 しまなみ海道 – 大三島一周

しまなみ海道 – 大三島一周

しまなみ海道 – 大三島一周

【43.1km】 愛媛県最北最大の島・大三島を巡る

Fun & Fitness

Route Introduction

しまなみ海道 – 大三島一周について

大三島は古くから「神の島」「国宝の島」と呼ばれる、しまなみ海道最大の観光地。2,600年前に創建されたと伝えられる「大山祇神社」には、膨大な国宝・重要文化財が奉納されており、島内には美術館やカフェ、宿泊施設などの観光スポットも充実しています。

そのためサイクリングコースとしても見どころ満載。島の外周約40kmを走るコース上には温泉やスパ、みかん畑など楽しそうなスポットが次から次と登場するため、あっという間に1日が経ってしまいます。

今治から大三島まではしまなみ海道で約26km。JR今治駅前や今治港から自転車を持ち込める定期路線バスが走っているほか、今治港や広島県の忠海港からフェリーで向かうこともできます。

TOTAL 43.1 km

Highlights

このルートの見どころ

Just For Fun
【10.1km地点】大山祇神社

【10.1km地点】大山祇神社

約2,600年前に創建されたといわれる大山祇神社は、全国に1万以上の分社を持つ山祇神社の総本社。「山と海と戦いの神」が祀られており、源義経や頼朝をはじめとする数多くの武将たちが戦勝祈願として武具甲冑を奉納してきました。日本の重要文化財として指定されている武具のうち、8割はこの神社にあるとのこと。神社とともに時を刻んだ樹齢2,600年の大楠の木の存在感も圧巻です。

Just For Fun
【25.5km地点】サイクリストの聖地碑

【25.5km地点】サイクリストの聖地碑

大三島をサイクリングするのであれば、ぜひ訪れておきたいのが「サイクリストの聖地碑」。2014年に開催された国際サイクリング大会『サイクリングしまなみ』の第1回を祝してつくられたこの石碑は、瀬戸内の島々をつなぎ未来へと運ぶ架け橋を表現したものだそう。

Now you know, so let’s go

ルートの周辺スポットを巡ろう

START

0 km NOW

SPOT 1

宗方港 (フェリー・旅客船で今治港より移動)

宗方港 (フェリー・旅客船で今治港より移動)

大三島の南西に位置する宗方港は、大三島と今治や安芸灘とびしま海道がある岡村島、大崎上島を結ぶフェリーが停泊する場所。大三島からの「いってきます」も「ただいま」もここで交わされるような、海の玄関口です。

住所
〒794-1309 今治市 大三島町宗方397

SPOT 2

伊東豊雄 建築ミュージアム

伊東豊雄 建築ミュージアム

みかん畑に囲まれた緩やかな坂を登っていくと現れる、多角形が不思議に連なり合う二棟の建物。伊藤豊雄による日本初の現代建築ミュージアム。伊藤豊雄の脳内が垣間見えるような模型の数々や、海を背景とした美しい展示はインスピレーションの宝庫。

住所
〒794-1308 今治市大三島町浦戸2418
電話番号
0897-74-7220
営業時間
09:00-17:00 / 定休日:月曜

SPOT 3

ところミュージアム大三島

ところミュージアム大三島

山の傾斜に位置するミュージアム。30点にもおよぶ現代彫刻を鑑賞しながら次第に海へと近づき、最後には瀬戸内の多島美が広がるテラスへつながる造りになっている。自然と作品の調和を楽しめるのは瀬戸内の美術館に共通の魅力だが、そのなかでもところミュージアムから見られる風景は指折り。

住所
〒794-1308 今治市大三島町浦戸2362-3
電話番号
0897-83-0380
営業時間
09:00-17:00 / 定休日:月曜

SPOT 4

伯方の塩 大三島工場

伯方の塩 大三島工場

伯方の塩 大三島工場では、製造工程の見学(無料)だけでなく、大好評の土鍋で煮詰めて作る「My塩」つくり体験(無料・要予約)ができる。売店では、大人気の大粒の塩「フルール・ド・セル」をトッピングした伯方の塩ソフトクリームが食べられる。身近な塩の魅力を再発見できるスポット。

住所
〒794-1305 今治市大三島町台32
電話番号
0897-82-0660
営業時間
09:00-16:00(受付時間は15:30まで)/ 年末年始・お盆休み他(詳しくはWebサイトをご確認ください)

SPOT 5

マーレ・グラッシア大三島

マーレ・グラッシア大三島

ミネラル成分たっぷりの海洋温浴(タラソテラピー)を楽しめる複合型リラクゼーション施設。瀬戸内海をのぞむ露天風呂で心身ともに癒した後にいただく地元の魚や野菜を使った料理はまさに至福。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦5902
電話番号
0897-82-0100
営業時間
10:00-20:00 / 定休日:水曜

SPOT 6

レストラン よし川

レストラン よし川

地元の人々に愛され、この土地に40年。レストラン「よし川」では、ハンバーグやエビフライなど定番の定食メニューから、瀬戸内の海鮮を使った丼、刺身や煮付けを取りそろえた贅沢な御膳まで幅広く用意。座席はテーブル席と個室の座敷が用意されていて、生け簀のある店内は海沿いの定食屋ならではの風情が満載だ。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦5714-15
電話番号
0897-82-0392
営業時間
11:00-14:30 / 17:30-20:00 / 不定休

SPOT 7

大山祇神社

大山祇神社

約2,600年前に創建されたといわれる大山祇神社は、全国に1万以上の分社を持つ山祇神社の総本社。「山と海と戦いの神」が祀られており、源義経や頼朝をはじめとする数多くの武将たちが戦勝祈願として武具甲冑を奉納してきた。日本の重要文化財として指定されている武具のうち、8割はこの神社にあるとのこと。神社とともに時を刻んだ樹齢2,600年の大楠の木の存在感も圧巻。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦3327
電話番号
0897-82-0032
営業時間
08:30-17:00 / 年中無休

SPOT 8

大漁

大漁

抜群なコストパフォーマンスで、満足度が極めて高く行列が絶えないお食事処。なかでも一番人気はハマチ、鯛、サーモン、イカ、イクラ、マグロ、季節の貝などこぼれ落ちそうなほどの具がのった海鮮丼、なんと780円。ほかにも数百円で楽しめる天ぷらや煮付け、酒蒸し、兜煮など、単品料理も豊富にそろっている。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦5507-1
電話番号
0897-82-1725
営業時間
11:30-14:30 / 定休日:日曜

SPOT 9

大三島 みんなの家

大三島 みんなの家

「一日に一度は寄ってみたい場所」をつくる。そんな想いからはじまった「大三島 みんなの家」は、かつて地域の法務局だった場所を、伊東豊雄が塾長を務める「伊東建築塾」と地域の人々で改装した場所。地元の人、旅人といった垣根を超えて人と人をつなぐためのさまざまな遊び心が凝らされ、毎日何か新しい出逢いがありそうな予感が漂う。誰かの置いていった思い出の品と自分の手持ちのものを交換出来るギャラリー「物々交換」で旅の足跡を残してみたり、島の食材をメインに使った手作りスイーツやドリンク、大三島産のワインを嗜んでみたりと思い思いのひとときを。

住所
〒794-1304 今治市大三島町宮浦5562
電話番号
0897-72-9308
営業時間
11:00-16:00 / 18:00-22:00 / 定休日:月曜

SPOT 10

パン屋 まるまど

パン屋 まるまど

大三島の自然に魅了されて移住した夫婦が営むパン屋「まるまど」には、大三島の食材を存分に活かした数々のパンが並ぶ。パンを彩る野菜などの具材はもちろん、パンの生地も大三島産みかんのみかん酵母からつくっている。そのこだわりと地元への愛情は唯一無二。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口5792
電話番号
0897-72-8320
営業時間
11:30-18:00 / 木・金・土曜のみ営業

SPOT 11

道の駅 多々羅しまなみ公園

道の駅 多々羅しまなみ公園

「道の駅 多々羅しまなみ公園」は、大三島と生口島をつなぐ多々羅大橋の麓(大三島側)にあり、しまなみ海道の名所のひとつである多々羅大橋の絶好のビューポイント。食事も驚きの充実ぶりで、レストランでは幻の高級魚「マハタ」の握り寿司のほか、新鮮な魚介をつかった兜煮や刺身丼も。フードコートでは潮の香りがぎゅっと詰まったたこ天やじゃこ天も食べられる。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口9180-2
電話番号
0897-87-3866
営業時間
09:00-17:00 / 年中無休

SPOT 12

サイクリストの聖地碑

サイクリストの聖地碑

大三島をサイクリングするのであれば、ぜひ訪れておきたいのが「サイクリストの聖地碑」。2014年に開催された国際サイクリング大会『サイクリングしまなみ』の第1回を祝してつくられたこの石碑は、瀬戸内の島々をつなぎ未来へと運ぶ架け橋を表現したものだそう。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口9180
営業時間
09:00-17:00 / 年中無休

SPOT 13

多々羅大橋展望台

多々羅大橋展望台

鳥が羽を広げたようなフォルムが特徴的な日本最長の斜張橋、多々羅大橋が最も大きく、美しく見られる「多々羅大橋展望台」。橋の向こうに多島美も見渡すことができる。春には桜の名所となり、ピンク、緑、青のコントラストが息を呑むような景色を描く。

住所
〒794-1402 今治市上浦町井口
営業時間
年中無休

SPOT 14

オミシマコーヒー焙煎所

オミシマコーヒー焙煎所

海を望む素晴らしいロケーションにある古民家を、大三島の海と暖かさに誘われたご夫婦がセルフリノベートしてオープンした焙煎所。丁寧にお店で焙煎されたコーヒーは香り高く、味の奥行きがひときわ豊かだ。オリジナルブレンドや大三島のレモンを使った自家製スイーツなど温かみ溢れる味を、おだやかに流れる大三島の時間のなかで味わおう。

住所
〒794-1404 今治市上浦町瀬戸6054
電話番号
0897-87-3655
営業時間
11:00-17:00 / 定休日:火曜・水曜・金曜

SPOT 15

今治市岩田健母と子のミュージアム

今治市岩田健母と子のミュージアム

海辺に佇む元小学校の前庭に、建築家・伊藤豊雄の設計によって建てられた半屋外の美術館「岩田健 母と子のミュージアム」。広い芝生の上に彫刻家・岩田健による44の母子像を展示。子どもへの慈愛精神に富む作品空間のなかで、瀬戸内の光や風を感じる贅沢な時間を過ごせる。

住所
〒794-1309 今治市大三島町宗方5208-2
電話番号
0897-83-0383
営業時間
09:00-17:00 / 定休日:月曜

GOAL

宗方港 (フェリー・旅客船で今治港へ)

宗方港 (フェリー・旅客船で今治港へ)

フェリーや旅客船の出港時間に合わせて、再び宗方港を目指そう。今治で借りたレンタサイクルは宗方港では乗り捨てができないので、一緒に乗せて帰るのがおすすめ。

GOAL km

Kickoff point for this route

このルートへのアクセス方法

Start Point

宗方港

  • Just For Fun
    • フェリー・旅客船の場合
      今治港から大崎上島行のフェリー・旅客船で宗方港へ(フェリー:約55分、旅客船:約35分)※2017年から旅客船にも自転車が積載可能になりました
      ※参考:時刻表(大三島ブルーライン)

Articles to help with your cycling

このルートにおすすめの記事

Just For Fun
松山・道後温泉旅をもっと楽しく。知っておくべき自転車のキホン 松山・道後温泉旅をもっと楽しく。知っておくべき自転車のキホン

愛媛県の中心地・松山市は、3000年の歴史があるといわれる道後温泉のほか、松山城やグルメも楽しめる人気の観光地。松山市の中心部はバスや路面電車が走っており、多くの観光客が利用しています。しかしその旅に「自転車」を取り入れれば、楽しみはさらに深まることに。

Just For Fun
はじめてのしまなみ海道サイクリング。E-BIKEでレアな絶景を楽しむ はじめてのしまなみ海道サイクリング。E-BIKEでレアな絶景を楽しむ

教えていただくのは、しまなみ海道でも有数の観光地「大三島」を拠点にサイクリストを応援する総合施設を運営するWAKKA代表取締役の村上あらしさん。しまなみ海道にはじめてチャレンジしてみたい方、はじめてスポーツタイプの自転車に挑戦する方、必読のインタビューです。

Fun & Fitness
サイクリストにおすすめの愛媛グルメは?スポーツ栄養士の第一人者に聞く サイクリストにおすすめの愛媛グルメは?スポーツ栄養士の第一人者に聞く

はたして、サイクリストはどのような栄養を摂るべきなのか? そんな疑問をぶつけたところ、神奈川県立保健福祉大学教授の鈴木志保子さんは「栄養を誤解している!」とバッサリ。いったいどういうことなのでしょうか?

Cycling Infomation

愛媛県はサイクリングに役立つ情報が充実!

私たちは、このサイトのCookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。 詳細については、Cookieポリシーをご覧ください。

同意する